留学

ATSUさんの英単語帳「Distinction2000」はおすすめできる?TOEIC870点の私が徹底レビュー

こんな方にこの記事はおすすめです!

  • Distinction 2000を使ってみた人の感想を聞いてみたい方
  • Distinction 2000ってどんな単語帳か知りたい方
  • Distinction 2000って誰向けなのか知りたい方

私自身、2020年の5月初め頃にATSUさんの「Distinction2000」という単語帳を購入しました。

購入の経緯としまして、海外大学に編入するために「IELTS6.0」を取らないといけなかったのですが、

個人的に基礎の英語力が足りていないとつくづく感じましたので、この単語帳を購入するに至りました。

その当初の私の英語力は、IELTS4.5・TOEIC665点でした。

そこから約3ヶ月ほど、このDistinction2000を使って英語学習を行いました。

大体10周くらいしたのかなと思います。

では実際にDistinction2000はどのような参考書なのでしょうか? 

今回の記事では、現役の海外大学生がこのDistinction2000という単語帳を実際に使ってみてのレビュー記事を書いていこうと思います!

そして最後に、私が思うDistinction2000を使うべき人物像を述べていこうと思います!

上のような悩みを抱えている方に役立つかと思いますので、

ぜひ!最後までご覧ください!

この記事を読むメリット

・Distinction 2000のメリット・デメリットが分かる

・Distinction 2000を実際に使ってみた方の感想を知れる

・Distinction 2000を使うべき人の特徴を知れる

【結論】Distinction 2000は実際いい単語帳だった?

結論、とてもいい単語帳だなと感じました!

やはり、海外経験豊富で英検1級やIELTS8.5などの難関英語資格を多数お持ちのATSUさんの英単語帳となるとやはり質が良かったです!

私が思うに、英語中級者全員におすすめできる単語帳です!

ここで言う英語中級者のレベル感としまして、

英語中級者のレベル感

  • 英検準2級レベルの英語力を持っている方
  • TOEICが500点付近の方
  • 高校1年生までの英語を理解できている方

大体このくらいのレベル感かなと思っています。

また、受験生の中でそこそこ有名な大学や難関大学を受験して「英語」で勝負したいという方にもオススメできるのかなと思いました!

私自身、約3ヶ月間Distinction2000を使うことで、

英語基礎が再び構築され、結果的にIELTS Academic6.0とTOEIC825点を取得できました!

と言われても、どの点がいいからおすすめなのか分からないと思いますので、

ここからは、Distinction2000のメリット・デメリットを紹介していこうと思います。

【前置き】その前にDistinction 2000のデメリットを紹介します!

まず初めにデメリットを紹介しようと思います。

デメリットとしまして、情報量が多いという点かと思います。

Distinction2000は単語の意味だけでなく、実用的な例文や反義語や同義語などの知識が多く含まれています。

なのでつまり、スピーディーに単語帳を回すということは難しいかと思います。

そのような方は、1単語につき1つの意味が書かれている単語帳を選ぶことをおすすめします。

そちらの方が単語を勉強する上でもモチベーションが続くと思いますし、挫折が少なくなるかと思います。

特に、受験生のような方は英語の他にも数学や社会科目など様々な科目を勉強しないといけません。

受験生の方で、英語を武器として試験に挑む方ではないのであれば、シンプルな作りの単語帳が向いているのかもしれませんね!

それではここからは、Distinction2000を実際に使ってみて良かったところを紹介していこうと思います。

Distinction2000を使ってみて感じたメリットを5つ紹介!

Distinction 2000を使ってみて感じたメリットは主に5つありました!

Distinction 2000のメリット

  • 英単語を復習する周期を記している
  • 例文がとても実用的
  • リアルなネイティブスピーカーの音声が収録されている
  • 英語中級者には手応えのある単語量・レベルである
  • イラストが付いているのでイメージしやすい

この5つが良い点だと感じました!では、1つずつ解説していきます。

メリットその1=復習する周期を記している

単語を勉強する上で「復習」という過程はものすごく大事ということはわかっているかと思いますが、

実際にどのような頻度で行えばいいか分からないという方がたくさんいらっしゃるかと思います。

そのような方におすすめなのが、ATSUさんが単語帳の中に書いている復習周期表です。

ATSUさんはこの復習周期のことを「Active Recall」と言っています。

この「Active Recall」を使うことによって、単語学習がより効率的になり英語力がより早く向上するでしょう。

私自身このActive Recallを使うことによって、理想のタイミングで復習することができました!

その結果、Distinction2000に収録されている単語を効率的に暗記することが出来ました!

なので、Distinction2000を使う場合は絶対にこの「Active Recall」を積極的に利用することをおすすめします!

いつ復習するかを考える手間が省けるのはとてもいいことですね!

メリットその2=例文がとても実用的

多くの単語帳には、単語の意味の他に「例文」が付いていることが多いのですが、

このDistinction2000の例文の実用性は半端じゃないです!

例えば、この単語帳にも掲載されている「entitled」という単語の例文が 

Everyone's entitled to their opinion. (みんな自分の意見を持つ権利がある)

このようになっています。

この文をそのまま暗記しても英語の資格試験や日常生活にも使えそうですよね!

このように他にもかなり実用的な英文がこのDistinction2000には掲載されいます!

実用的な英語を身につけたいという方やすぐにでも使える英文や英語のフレーズを知りたいという方は、

ベストマッチすること間違いなしです!

ペーパーテストのみならず、実際の会話でも使える英語力を磨くにはもってこいです!

メリットその3=リアルなネイティブスピーカーの音声が収録

このDistinction2000にはリアルなネイティブスピーカーの音声が収録されています。

どのあたりがリアルかと言いますと、「話すスピード」です。

ナチュラルスピードの音声はかなり早いと感じる方が多いかと思います。

しかし、事実このナチュラルスピードくらいがネイティブスピーカーの普通くらいなのです。

私自身も最初は全然聞き取れなかったことを鮮明に覚えています。

でも、Distinction2000で勉強を重ねているとスピードに慣れてきます!

そのスピードに慣れておくと、英検やTOEICなどのリスニングの音声のスピードは遅く感じることでしょう。

このような点から、リアルなネイティブスピーカーの話すスピードを体感したいという方や

早い音声でリスニング対策をしたいという方にはおすすめです!

メリットその4=英語中級者には手応えのある単語量・レベル

Distinction2000は、英語中級者や大学受験を控えている方にとってはかなりやりごたえがある単語帳となっていました!

というのも、Distinction2000には文字通り見出し語だけで2000語の単語が収録されていますし、

単語のレベルも私立の難関大学くらいのレベルには余裕で対応しているくらいのレベルに感じました。

なので、英語中級者が英語上級者になるための架け橋的な存在になりゆるだろうと思いました!

英語上級者になるにしても、語彙の基盤となるものは必要になります。

このDistinction 2000はその基盤作りを担ってくれる頼もしい存在になることでしょう!

また、このDistinction2000はレベル感的にIELTSの基礎対策にもとても向いていると感じました。

メリットその5=イラストが付いているのでイメージしやすい

Distinction2000にはイラストが付いていますので、英語をイメージで覚えることが出来ます!

これをこなしていくことで英語を英語でとらえることが出来るようになります!

英語上級者にステップアップすると、英語を日本語で理解する工程はかなりロスだと思いますので、

今のうちに英語を英語でとらえる練習をしておくことをおすすめします!

これが出来ると、英語を聞きれる幅がかなり増えますよ!とても難しいことではありますが、英語を英語で理解する習慣を身につけていく練習を行うのも大いにありです!

Distinction2000をおすすめできる人物像を紹介!

私なりに、Distinction2000を使うべき人物像を5点ほどまとめてみました!

Distinction2000をおすすめできる人

  • 実用的な英単語帳を求めている方
  • 英語中級者の中で英語基礎を見直したいという方
  • 英検やIELTS対策を行いたいという方
  • 難関私立大学や国立大学を英語を武器にして受験したいという方
  • ネイティブスピーカーのリアルなスピードでリスニング学習を行いたいという方

このどれかに当てはまる方は、このDistinction2000を購入して英語学習を進めていくことをおすすめします!

もちろん、Distinction2000は書店でも販売していますし、Amazon・楽天でも販売しています。

ぜひ!手に取って英語学習を行なっていきましょう!

まとめ

今回の記事では、Distinction2000を実際に使った私がレビューをしてきました!

簡単にこの記事の内容をまとめると、

この記事の要約

  • Distinction2000は、実用的な例文を使ったり復習周期を記したりしているのでとても学習者想いな単語帳である
  • また、リアルな英語スピードを体験してみたい方にもとてもオススメ!
  • 対象レベルは英語中級者(英検準2級以上・TOEIC500点付近)
  • サクッと英単語の勉強を終わらせたい方には不向きだが、じっくり勉強したい方にはとてもオススメ!

このような内容でした!

この記事を読んで、Distinction2000で英語学習を始めてみたいと感じた方は、

とてもためになるかと思いますので、ぜひ!始めてみてください!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Koki

22歳|男|TOEIC400点・偏差値40付近のいわゆるFラン大学から海外大学に編入(ビジネス専攻)現在は休学して日本に滞在中|所有資格=IELTS(Academic)Overall6.0、TOEIC870点|趣味で週3くらいで筋トレしてます

-留学
-,