広告 参考書レビュー 準1級 英検対策

【最強の単語帳】出る順で最短合格!英検準1級単熟語EX第2版を徹底レビュー|英検準1級受験者全員におすすめできる単語帳!

Koki

24歳|男|偏差値38の高校→偏差値40付近のFラン大学→ニュージーランドの大学に正規留学し2年半在籍したのち退学→通信制大学に3年次編入|所有英語資格=英検準1級、TOEIC870点、IELTS(Academic)OA=6.0|趣味で週3くらいで筋トレしてます

このような方におすすめの記事です

・英検準1級を受験する方

・英検準1級の語彙問題で点数が取れない方

・英検準1級合格に必要十分な単語力を身に付けたい方

英検準1級の語彙問題は、英検準1級の中でも大事なパートになっています。

新形式の語彙問題は25問から18問に数が減るけど、それでも半分以上は語彙問題が占めているのは事実!

語彙問題で点数を稼ぐために、英検準1級対策に特化した単語帳を使って対策を進めている方が多いのではないかと思います。

英検準1級対策に特化した単語帳の中で、ジャパンタイムズさんから出版されている「英検準1級単熟語EX第2版」という単語帳があります。

今回の記事では、この英検準1級単熟語EX第2版のレビュー記事ということで、

実際に私が使ってみての感想や実際の語彙問題のカバー率などを詳しく述べていき、おすすめできるのかどうかを解説していきます。

英検準1級に本気で合格したい方や中々英検準1級に合格できなくて悩んでいる方は、ぜひ最後までこの記事をご覧ください。

【前置き】英検準1級単熟語EX第2版の概要を簡単に解説

前置きとしまして、英検準1級単熟語EX第2版がどのような参考書なのかを簡単に説明していこうと思います。

以下に英検準1級単熟語EX第2版の概要を簡単にまとめてみました。

英検準1級単熟語EXの概要

  • 収録語数=2,412語(見出し語)
  • 価格=1,980円(Amazon)
  • 発売日=2023年3月30日
  • 出版社=ジャパンタイムズ
  • 使用用途=英検準1級総合対策、語彙問題対策

このような感じです。

英検準1級単熟語EX第2版は、英検準1級の総合的な対策もできますし、

語彙問題で頻出の単語が出る順で掲載されているので、語彙問題対策にも最適な単語帳です。

もちろん、熟語も掲載されていますので、4問程度ある熟語問題もしっかりと対策できます。

【徹底レビュー】英検準1級単熟語EX第2版のメリット

ここからは、英検準1級単熟語EX第2版を実際に使ってみて感じたメリットを解説していこうと思います。

結論、英検準1級単熟語EX第2版には2点のメリットがあると感じました。

英検準1級単熟語EXのメリット

  • シンプルな設計
  • 語彙問題のカバー率がかなり高い

この2点が大きなメリットかなと感じました。

では、これらのメリットに関して詳しく解説していこうと思います。

メリットその1=シンプルな設計

英検準1級単熟語EXは、上の画像のようにかなりシンプルな見た目となっています。

ザ・単語帳という感じです。

個人的には、単語帳はシンプルであるほどいいと感じています。

単語帳の中には、詳細を網羅しすぎてゴチャゴチャしているものがあります。

そのような単語帳だと、中々単語の勉強を進めていこうという気になれないと感じます。

英検準1級単熟語EXは、ゴチャゴチャしてないので、視覚的なストレスはかなり減らされている点が大きなメリットだと思いました。

メリットその2=語彙問題のカバー率がかなり高い

英検準1級単熟語EXは、大問1の語彙問題のカバー率が高いです。

直近の英検準1級の過去問を参考にすると、英検準1級単熟語EXのカバー率は以下のようになっています。

単熟語EXのカバー率

  • 2023年度第3回:20/25(単語=18/21、熟語=2/4)
  • 2023年度第2回:17/25(単語=15/21、熟語=2/4)
  • 2023年度第1回:18/25(単語=16/21、熟語=2/4)

このような感じとなっています。

約7割〜8割くらい点数を取れる計算になります。

また、こちらのカバー率は、見出し語が正解だった単語に含まれているかを計算していますので、消去法を使わないという前提で計算されていると言えます。

もし、消去法を使うのであれば、選択肢を狭めることができますので、もっと正解できる可能性が高いと言えます。

9割越えも夢ではないと個人的には感じています。

英検準1級単熟語EX第2版のデメリットは?

結論、個人的には感じなかったです。

しかし、掲載されている単語・熟語数が合計で2,400を超えているので、かなりボリューミーな単語帳となっています。

比較としまして、英検準1級の出る順パス単の5訂版だと掲載されている見出し語が1,900となっていますので、かなり多いことがわかります。

なので、英検準1級本番まで時間がない方や語彙問題をそこまで重要視していない方にとっては、そこまで必要ない単語帳なのかなと感じました。

英検準1級単熟語EX第2版をおすすめできる人の特徴

結論、以下の特徴に当てはまる方は、英検準1級単熟語EX第2版を利用することをおすすめします。

単熟語EXのカバー率

  • 英検準1級合格に必要十分な語彙力を身に付けたい方
  • 語彙力が原因で英検準1級に落ち続けていると感じている方
  • 英検準1級の語彙問題で8割〜9割という高得点を目指したい方

この3つの特徴のどれかに当てはまるのであれば、英検準1級単熟語EX第2版を使ってみることをおすすめします!

英検準1級単熟語EX第2版は、英検準1級合格に必要十分なレベルの単語をたくさん掲載されていますので、

現在、英検準1級の対策を進めている方も、これから英検準1級合格に向けて勉強を進めていきたいと考えている方も検討してみるのはいかがでしょうか?

まとめ

今回の記事では、英検準1級単熟語EX第2版を実際に使ってみてのレビューということで、メリット・デメリットやおすすめできる人の特徴3つなどを紹介してきました。

簡単にこの記事の内容をまとめると、

この記事のまとめ

【英検準1級単熟語EX第2版のメリット】

・シンプルな設計

・語彙問題のカバー率がかなり高い

【英検準1級単熟語EX第2版のデメリット】

・掲載語数が多いので、1周するのに時間がかかる

【英検準1級単熟語EX第2版をおすすめできる人の特徴3つ】

・英検準1級合格に必要十分な語彙力を身に付けたい方

・語彙力が原因で英検準1級に落ち続けていると感じている方

・英検準1級の語彙問題で8割〜9割という高得点を目指したい方

このような内容でした。

英検準1級単熟語EX第2版は、英検準1級対策を進めている幅広い方におすすめできる単語帳となっていますので、

少しでも英検準1級単熟語EX第2版が気になるなと感じる方は、ぜひ購入を検討してみてください。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Koki

24歳|男|偏差値38の高校→偏差値40付近のFラン大学→ニュージーランドの大学に正規留学し2年半在籍したのち退学→通信制大学に3年次編入|所有英語資格=英検準1級、TOEIC870点、IELTS(Academic)OA=6.0|趣味で週3くらいで筋トレしてます

-参考書レビュー, 準1級, 英検対策
-, ,